スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nVidia Quadro M2000レポート

本格的にアニメーションをやりたいので、グラフィックカードをGeForceからQuadroに置き換えのベンチマークをしました!

今持っているGeForceカードはGTX 780Tiの一枚です。これをQuadro M2000と置き換えた場合のベンチマークの比較を行いました。blenderのビューポートはOpenGLなので、GFXBench GLでベンチマークをとりました。それとCyclesのGPUレンダリングの比較もしました。

実際届いたQuadro M2000はこちらです。
Quadro M2000

ファンの音うるさいかなと思ったのですが、かなり静かです。

続いてベンチマークの比較結果がこちら。

1. 高坂麗奈Cyclesレンダリング時間
GeForce GTX 780Ti : 10分48秒
Quadro M2000 : 31分34秒
Quadroは同価格帯のGeForceに比べるとCUDAコア数が少ないので、GeForceのほうがレンダリングが速い結果となりました。

2. GFXBench GLのスコア(1080pティラノサウルス)
GeForce GTX 780Ti : 50390.3 Frames
Quadro M2000 : 21491.1 Frames
どういうわけかGeForceのほうが速かったです。
GeForce 6xx系の倍精度浮動小数点の性能はかなり削られているということは聞いたことがあり、それがOpenGLの描画性能を遅くしていると聞いたことがあったのですが、7xx系では改善されているみたいですね。

3. プロ生ちゃんblenderファイルアニメーション
GeForce GTX 780Ti : 46fps
Quadro M2000 : 45fps
blenderビューポートの描画性能はほとんど変わりありませんでした。これはCPUの性能で頭打ちになっていると考えられます。

総評
blenderの推奨GPUはいろんなものが使えるので、GeForceでもアニメーションは十分作れると思います。blender用にあえてQuadroにする必要はありませんし、CyclesのGPUレンダリングする場合はむしろGeForceのほうが良いと思います。
逆にMayaのように推奨GPUとしてQuadroが指定されている場合はQuadroを使ったほうがいいじゃないかと思います。ただしそれは早い遅いの問題ではなく、安定動作させるためと考えます。
スポンサーサイト
プロフィール

学芸員シュレーディンガー

Author:学芸員シュレーディンガー
趣味で3DCGやってます。
3DCGARTS
Twitter
cg-site.net
ピアプロ
ニコニコ動画

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。